寺岡製作所の株価の変化と投資のタイミング

寺岡製作所に投資をするべきかどうかを判断するためには、企業としてどれくらいの収益があるのかを把握することは必要です。長期的に見た場合、事業の内容などもきちんと把握しておくことが必要です。寺岡製作所は粘着テープを主な事業として行っています。梱包用のテープではシェアは高く、現在のところは電機や産業用などに事業を展開しています。国内がメインですが、海外展開も積極的に行っていて、財務状態は良好だと言えるでしょう。世界経済の成長とともに、寺岡製作所の業績画のいる可能性を秘めていますから、投資妙味は大きいと考えられます。

短期的に見た場合、まず株価指標を見るべきでしょう。株価指標の中でよく用いられているものとしては株価収益率があります。これは、企業の業績に対する株価の割合を示したもので、低ければ割安です。14倍から20倍くらいが妥当だと考えられます。もうひとつの株価指標が純資産倍率です。これは企業の純資産との関係を示したもので、1倍を割れると上昇要因となります。

実際に投資をする際には、チャート分析も必須です。チャートを見れば、過去の変動に比べて現在の水準がどれくらいになっているのかを知ることができます。過去に比べて大きく売られていて、安値で推移しているのなら逆張り投資が適しているでしょう。逆張りはリスクが大きいですから、上昇を初めてからかうのも良い方法です。長期チャートを見て、安値で放置されていれば逆張りには適した状態ですし、上昇を始めているのであれば、順張りとしては適した状態だと考えられます。

企業の事業内容を把握して、株価水準が割安なのか割高なのかを把握し、そしてチャートを見て売買のタイミングを探ることで、投資のタイミングを見極めることができるでしょう。

ページトップへ